兵庫県高砂市air
2016.12.15.Thu パーマのしくみ

今日はなぜパーマがあたるのか?
そのしくみについて説明させて頂きますm(__)m

毛髪を形成する大切な結合は4つあります!

※これらを結合すると毛髪が安定し、切断されると不安定になります。

1水素結合
水に濡れるだけで切断し、乾くと再結合します。

※毎日シャンプーすることで髪が濡れて結合が切れ不安定になりますので、しっかり乾かして安定しないと、摩擦などにより傷みの原因になります。

2イオン結合
通常、弱酸性の毛髪をパーマ1剤でアルカリに傾け切断します。

3シスチン結合
パーマ1剤の還元作用により切断します。

☆パーマはこの3つの結合を切断再結合させお客様の好みのスタイルを作ります。

毛髪のどの部分が変化しているかと説明させて頂きますと


キューティクルから薬剤が浸透し、CMCという体で例えますと血管を通り毛髪内のコルテックスのフイブリルをまとめている間充物質を柔らくし、キューティクルも軟化します。


パーマ1液で軟化し、ロッドやピンで形づけしている状態です。

後、中間トリートメントでアルカリを酸性に戻すよう働きかけ

パーマ2剤でロッド、ピンなどでくせづけした形をキープします。


これでパーマスタイルは完成です♪

なぜパーマをあてた日はシャンプーを避けた方が良いのか?

上記で説明させて頂きましたが、パーマは3つの結合の再結合で成り立っていますが、水素結合は水に濡れるだけで簡単に切れてしまいますし、2剤で酸化しきれていない僅かな分子を空気酸化によりパーマの結合を固めてパーマスタイルを長持ちさせるためです。

少し分かりにくい説明で申し訳ないですm(__)m

airではパーマスタイルは人気メニューの一つですので随時説明させて頂いております(^-^)

今週末はご予約いっぱいになっておりますありがとうございますm(__)m


| 21:26 | comments(0) | 髪の情報 |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://air2003.jugem.jp/trackback/1023